ロレックス用 フラッシュフィット(エンドリンク)

ロレックス 時計ベルト:ROLEX, 時計ベルト

装着時イメージ

フラッシュフィットを時計に装着すれば、
市販の革ベルトを付けても、時計との間に隙間はできず、
一体感が生まれ、時計の高級感が更に増します。

金属ブレスを取り外し、革のベルトを付けると
時計とベルトとの間に隙間があいてしまいます。

使用上には全く問題ありませんが、気になる方もいらっしゃるはず。

革ベルトだけでこの隙間を埋めるには、
先端が弓型になった革ベルトを付ける必要があります。

【装着前】
AKj-3

【装着後】
AKj-1

 

■■■素材は、「904Lステンレス」を使用■■■

これは、「スーパーステンレス」と呼ばれることもある、
ロレックスで使われているステンレス素材です。

全ての商品は、スイスの精密な機械により製作され、
研磨も精密に行われています。

AKj-A1
AKj-A4

■■■着脱も簡単■■■

フラッシュフィットの、取り付け、取り外しはとても簡単。
特殊な工具など全く必要ありません。

 

■■■取り扱いモデル■■■

・ デイトナ(Daytona) 116520, 16520
・ デイジャスト(DateJust) 116234
・ サブマリーナ(Submariner) 16610, 16610LV, 116610, 114060
・GMTマスター(GMT Master) 16700.
・GMTマスターⅡ(GMT Master II) 16710, 116710
・エクスプローラーⅡ(Explorer II) 16570
・シードゥエラー(Sea Deller) 16600
・エクスプローラー(Explorer) 214270
・ヨットマスター(Yacht-Master) 116622

 

■■■■■■当店で製作ベルトとの装着例■■■■■■

■■■■■■ご購入はこちらから■■■■■■

エビスレザーオンラインショップ

関連記事一覧

製作例一覧

時計ベルトオーダー会各エリア予約受付中■8月28日:札幌開催■ 恵比寿店舗でのご注文と同様に、素材・製作例をご覧頂きながら、オーダー頂けます。
時計ベルトオーダー会の詳細はこちら
時計ベルトオーダー会■8月28日:札幌開催■予約受付中
詳細はコチラ